忍者ブログ
二度目の月をblue Moonというらしいです。
80 80 80 80
80 80 80 80
[91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


そこにいるのが私なら、どんなによかったでしょうか。


でも、


cosMoさんの新曲です!!!!
たぶん、これは「家出少年と迷子少女」の裏側のお話。
願いの上には犠牲があって、果たして、その犠牲の上に成り立つ『真実』は、

ハッピーエンドに見えるけど、実のところどうなんでしょうね。
物事は、その瞬間は、結局のところ一方向からしか見えませんから。



幸せを願う彼女に、幸有らんことを。

拍手[0回]


<<絶望するにあたって>>
仲睦まじい男女(ふたり)を遠くから 女の子が眺めていました
それがワタシでした


透明な存在感 尋常じゃない片思い
邪な婬情(いんじょう) せり上がる独占欲


仄暗い感情ならいくらでもありました


摂理を外れた背徳 とか あの男を殺してやりたいとか
そんな自分のこと大嫌いとか


♀ほら その あの 女の子同士だし・・・♀


堂々巡る感情は日々 心の底に汚泥のように溜まり
腐水の中で もがきながら 幸せな未来を水面に仰ぎ見る


重ねる恋慕は 賽の川原の石積みの如く果てなく
ただただ苦しいだけの ワタシはどうして生きているのでしょう


春が来て 夏が来て 秋が来て 冬が来て また春が来て
終わらない 終わらせたくない 一方通行な恋煩いを


行き過ぎた妄想の 後ろめたさなんて
吹き溜まる劣情に とっくに呑まれ消えました


そこにいるのが「ワタシ」と「キミ」だったらどんなによかったでしょうか



<<街が「現実逃避」を促すにあたって>>
「街<<ステラ>>」は絶望に対して現実逃避という処方箋(オクスリ)をバラ撒きます



 ---こっそりと「♀(ワタシ)」を『♂(ボク)』にすりかえた---



<<虚構の幸せに溺れるにあたって>>
とてもありきたりな そう ごくごく普通の仲睦まじい男女(ふたり)がいました
それがボクたちでした


退屈ながらも幸せな日々が平坦に単調に聞き飽きたポップスのように


平坦に単調に聞き飽き す ポップスのように
  坦に単調 て 聞き飽きた  ップスのように
平坦 ら 単調に  き飽きたポ  プスのよ  に
平坦に単調 を 聞き飽きたポップスのように
平坦 □ 単調に聞き飽きたポップスのように
平坦に単調 す 聞き飽きたポップ  のように
平 く に単調に  き飽  た  ップスのように
平坦に単調に聞 え 飽き  ポッ  スのように


それはダラダラと ただ ダラダラと すべてを溶かし
舞台の裏側の鉄骨をむき出しにするくらいに それはもう




 せ

 っ




れど・・・・・・



いろいろ忘れていた『ボク』に 世界の綻が囁く
積み重なった違和感が 恋人ごっこに終焉を



そう『ボク』は「ワタシ」だったじゃないか



<<悩むにあたって>>
「「どうしてこんなことに?」」


「さぁ、わからないね」
「さぁ、わからないよ」


虚構のキミに溺れるか?
現実のキミの幸せを願うか?


「「「ワタシ」の幸せはどうなるのか?」」
  『ボク』


「この世界の彼女を悲しませることになる」


「どうでもいいんじゃない?夢幻と消えるこの世界だもの」


「えっと」


「こういうときは・・・・・・」


「どうすればいいのかな・・・・・・」


「「黙ってないで答えてよっ!!」」


思考の中の 迷宮(ラビリンス)でうずくまる もう前に進めないと 考えるのをやめそうになt・・・



<<その刹那>>
キミの笑顔が頭を過ぎった


それは「ワタシ」にも
それは『ボク』にも


ちゃんと届いていた


張りぼての世界観 突き破って
本当に大切にしたかったものが 心象風景(スクリーン)に映る


今いるキミは ボクの生んだ絵空事が馭する悲しき人形


そんな キミを愛し続けても
いつか必ず後悔すると思うんだ だから・・・・・・


楽園(まやかし)はもういらない!



<<決断するにあたって>>
さよなら愛するヒトよ
線路越しに 別れ告げ 背を向ける
歪んだ世界を元に戻す 二度と会えなくなるわけじゃない


さよなら偽りの自分
ちょっと現実を直視しに行くだけだ


さよなら愛したセカイ
未練がないわけじゃないけど



降りる双(ふたつ)棒が二人の居る世界



――□■□■□■□■□■□■□ユメ


        分かつ


    ウツツ■□■□■□■□■□■□――



キミが何か叫ぶのが サイレンに溶ける


表情(かお)確かめる間も与えられず
目の前を鉄塊が遮った


今度こそホントに・・・・・・


甘い虚構に鎌を振り下ろした


本当の キミの 幸せを 願って



<<目が覚めて>>
ふっと気づくとまたキミを見ている
仲のよい 友達として(・・・・・)


これでよかったんだと思います
誰かの幸せを願うってきっとそういうこと


これが「不幸」だなんて これが「絶望」だなんて
もう決して思わない 二人の幸せを素直に願えることが・・・・・・


今は暖かく感じる





※著作権等はcosMo様にあります。
※歌詞は初音ミクWiki様より転載させていただきました。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
高貴
性別:
非公開
フリーエリア

星のカーソール

最新記事
バーコード
最新CM
[09/14 えるくら]
[02/06 ちー]
ブログ内検索
P R
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]